2010年11月10日

財務・会計科目について

中小企業診断士試験2年目がスタートしましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
まだ、1次試験が終わった8月なんですが…
ここは気持ちを切り替えて、試験勉強に頑張る夏にしたいと思います晴れ

前回もお伝えしましたが、財務・会計は他の1次試験科目と違い、
計算を行って回答する問題があり、
計算に慣れておくこと、
つまりは、演習をある程度、試験日までに行っておく必要があります。

計算に慣れるには、短期間に集中して学習するよりもある程度期間を持って
毎日1問づつでも習慣にして演習を行った方が力が着いてくると感じました。


その為、中小企業診断士試験2年目に最初に学習する科目を
財務・会計科目とし、演習を何度も行って行く様に計画しました。


実際に資格スクールのテキストは、程よく厚く…演習問題集も用意されていて、
かなり合格するには苦労する科目の印象を受けました。


講義数も多いですから、まずはしっかり講義を受け、
それに合わせ復習を行う様にしていきます。


最初は会計分野を学習していきます。
会計分野は、これまでに簿記資格等を学習された経験のある方ですと
勉強しやすい部分だと思います。

仕訳から貸借対照表、損益計算書の流れを学習していきます。
また原価計算分野も学習範囲ですので
なおさら、簿記2級資格を持っているとこの部分は、
理解度が早いと思われます。


会計分野がひと通り終わると学習は財務分野へ
キャッシュフロー計算は苦労しましたね。
その後の企業価値などの正味現在価値計算では、理解が進みませんふらふら


経営指標数値や株式価値計算などは、意外と公式を覚える事が多く
公式を覚えた上で計算演習に取り組む事となり、
他の科目よりも計算が入る分、
なかなか知識が定着していかない様に感じました。


財務・会計科目を早めに学習し始めて本当に良かったと思います。
直前期では、他の科目も心配になり時間を取って
計算演習など出来ず、気が付けば財務・会計科目が
完全に苦手科目になってしまうと思います。

とにかくまだ8月、時間を掛けて財務・会計科目の計算演習を
取り組んでいきました。

end
posted by コスモス at 17:30| 中小企業診断士試験勉強2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。