2011年08月15日

経済学

中小企業診断士試験2年目
1次試験を全科目受験することになった訳ですが、
2年目年末年始の勉強は予定通り進んでいる
手ごたえがありましたるんるん


そして年明け、最初に資格スクールで講義が始まるのが
『経済学』です。

1次試験7科目の中でどのような試験問題が出されるのか?
一番不安を感じた科目ですあせあせ(飛び散る汗)

…学習内容もイマイチ分からない科目で
経済学が苦手科目にならない様、
講義後の復習を他の科目よりも
多くするようにしていきました。


実際に勉強してみた感想ですが、
う〜ん難しいふらふら、こんな感じです。
経済学ではグラフを多用するのですが、
『そもそも何でそのグラフが必要なのか?』など
途中で迷子になってしまうような論点が多い感じがします。


まずは、経済学特有の言葉や考え方を身につけることを
努力すると共に暗記できるところは暗記していく様にしました。

本当に経済学を理解しようとすると
迷子になってしまいそうですから…。
(そんなイメージがします。)




この時期に資格スクールでは、
経営法務、経営情報システム科目も講義が始まる為、
科目ごとの学習時間が少なくなっていく時期ですが、
幸いなことに1年目に経営法務、経営情報システムは
学習済みだったことから、
経済学に注力する事が出来ました。


あと、年末年始にそれまでに学習が終わった
科目については、
本当に念入りに復習しておく時期だと思いました。



学習科目が増えるにつれ
本当に科目ごとの復習時間数が減っていきます。
特にインプットに力を入れている場合には、
そのままインプットするのではなく、
アウトプットを利用して、
間違った部分をインプットしていくなど
インプットの方法を考える時期かもしれません。


年明け、まだまだ1次試験は先の話ですが、
資格スクールで半分以上の科目の講義が終了した時点での
勉強時間が意外と大切なのかもしれません。

end





posted by コスモス at 16:16| 中小企業診断士試験勉強2年目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。