2009年11月23日

中小企業診断士資格の魅力

会社経営全般の知識を身につける事ができる唯一の資格、
これが中小企業診断士資格の魅力であるとお伝えしましたが
さらに!私にはそのスキルも魅力になったのです。

…それは、ロジカルシンキングです!
ロジカルシンキングとは、論理的思考と言う事になります。
「物事の関係を論理的に考え、説明する技術であり、習慣」


中小企業診断士試験では、試験回数が大きく2回用意されており、
この2回の試験に合格しないと中小企業診断士になる事はできません。

1次試験では経営全般に関する知識が問われます。
そして、2次試験では具体的な問題解決スキルが問われます。


ひらめき私はこの2次試験にも注目したのです。

2次試験問題は、ある会社の問題点が書かれた文章を読み
そして様々な設問を記述で回答していく事になっています。

記述問題の為、回答選択肢は用意されていません。

その問題点が書かれた文章から答えを記述していくのです。

問題文章に直接回答が書かれている場合もありますが
そのパターンばかりではありません。


ここで必要になるのがロジカルシンキングです。
残念ながら、私、ロジカルシンキングを持った人間ではありません。
思いついた事に飛びつき、1つの答えが見つかれば
ただそれだけの為に行動するようなタイプです。



資格スクール講師の方が、2次試験では洞察力が必要!

この言葉も中小企業診断士資格を取得することへ
私を奮い立たせた言葉です。

洞察力とは
『物事を観察して、その本質や、奥底にあるものを見抜くこと。
見通すこと。』この力を試験で試されるのです。



ロジカルシンキング、洞察力
ビジネスで使える事ができれば、
間違いなく一目置かれる存在になれると思います。
(講師の方もお話されていました。)

posted by コスモス at 19:22| 中小企業診断士とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。