2009年11月30日

1次試験科目(4)

1次試験科目で最後にご紹介するのは、
『中小企業経営、中小企業政策』です。

試験2日目午後に行われます、最後の試験になります。
試験時間は90分で問題数は45問程度出題されます。
合格基準の正答率60%以上になる為には、
27問以上正答する必要があります。
2次試験に関係の薄い科目です。


学習内容としては、『中小企業経営』では昨今の中小企業の
状況を各種統計から学習していきます。
『中小企業政策』では、国や各自治体が実施している
中小企業を対象とした政策などを学習します。


どちらも暗記系の色合いが強く、
暗記項目では数値なども含まれ、ボリュームも多い事から
暗記が苦手な方は試験で得点が取りづらい科目となってしまいます。


学習範囲は広いため、頻出論点から確実に暗記していくことで
点数が伸びてくると思います、試験日当日までに
どれだけ暗記できたかが勝負になりますパンチ


以上、1次試験7科目をザッと見てきました。
いかがでしたでしょうか?
7科目合わせると相当学習範囲が広いですよね。
選択式なので、ちゃんと全問回答できそうに思える方も
いらっしゃると思いますが
どの科目も得意分野から確実に正答を取る事が大切で
難問で時間を費やしてしまうと、
60%以上の問題を回答する事も
大変なあせあせ(飛び散る汗)試験科目もあります。

満点を取れる試験ではないので、
合格点(正答率60%以上)を目指して頑張りましょうパンチ


posted by コスモス at 15:43| 中小企業診断士試験内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。